腰痛

腰が痛いときに知っておきたい痛くないしゃがみ方、靴下の履き方、ベッドからの起き方を解説

腰が痛いときにしゃがむ必要があるとどうやってしゃがもうかと考えますよね。結局痛みを我慢してしゃがんでしまうことが多いと思います。そんな時に使えるのが腰が痛くないしゃがみ方です。 腰が痛い人は靴下を履くとき苦労します。痛い方法で無理に靴下を履く必要はありません。腰が痛くない靴下の履き方をマスターしましょう。 腰が痛い人はまっすぐベッドから起き上がると腰にすごい負担があります。一度に起きようとせず、段階を踏んで起き上がることをお勧めします。
頭痛

頭全体がギューッと締め付けられるような圧迫感がある頭痛。首、肩からくる【緊張型頭痛】の対処法。運動、ストレッチ、マッサージ、ツボなどを解説

首や肩の筋肉の血行が悪くなることで起こる緊張型頭痛は、「温める」ことや「体を動かす」ことが痛みの緩和につながります。 今回は自分でできる首や肩の筋肉の緊張をとるストレッチ、運動、マッサージをご紹介しています。 頭痛で悩まれている方の参考になれば幸いです。
頭痛

後頭部から側頭部、前頭部まで頭全体がギューッと締め付けられるような圧迫感がある頭痛。それ肩や首、頭の周りの筋肉が緊張しておこる【緊張型頭痛】かも

頭痛の中でも頭がぎゅーっと締め付けられるような頭痛「緊張型頭痛」というのは、首や肩の緊張と関連します。 私たちの頭の重さは、体重の約10%もあると言われています。体重50kgの人は、頭の重さが約5kgもあるのです。ボーリングの玉と同じくらいの重さです。 頭を支えているのが首です。ボーリングの玉と同じ重さを支え続けなければならないので、首は負荷がかかりやすいです。 スマートフォンや、デスクワークなどにより頭が前に傾いている方は、首の力をたくさん使って頭を支えるので、首周りの筋肉が緊張して硬くなってしまいます。 この緊張型頭痛についての原因、予防法などをお伝えします。
頭痛

薬が効かない【片頭痛】自分で痛みを和らげるツボ、マッサージ、ストレッチなどの対処法

片頭痛が起きてしまうとなかなか収まってくれない人もいらっしゃいます。 ひどい人では動くことすらできずに寝込んでしまうこともあります。 薬だけでは対処できないこともあると思います。頭痛は体全身の状態が悪くて起こっていることも多いです。 自分でできる片頭痛の和らげ方をお伝えしております。
頭痛

頭の側面が片側だけずきずきと脈打つように痛い頭痛。吐き気、目の前がちかちか光る、動くと痛い。それ【片頭痛】かも

片頭痛が起きてしまうとなかなか収まってくれない人もいらっしゃいます。 ひどい人では動くことすらできずに寝込んでしまうこともあります。 薬だけでは対処できないこともあると思います。頭痛は体全身の状態が悪くて起こっていることも多いです。 片頭痛の原因と対処法をお伝えしております。
腰痛

【介護をしていて腰を痛めた】原因と治療例

親御さんの介護をしていて腰を痛めたと言って来院される患者さんが増えたように思います。 介護をしていためた場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。 実際に治療した例から考えます。
首の痛み

【首の寝違え】【朝起きたら首が痛い】【首が動かせない】【首ががちがち】原因と治し方

だれしも一度は経験したことがある【寝違え】朝起きたとき首が痛くて動かせなくなったり、痛くなることがあります。 首が痛いときに無理をしてマッサージやストレッチをしてしまうと痛みが悪化してしまうことがあるので、何をしていいのかわかりません。 そんな時にこの記事に書かれていることを行えば、痛みを和らげることができるかもしれません。
股関節

座り仕事によって【股関節の痛み】【股関節の硬さ】【股間節の柔軟性がない】人のための股関節のストレッチ

座り仕事などで動かない方は股関節が硬くなりやすいです。 股関節の硬さがあると、歩いているときなどに股関節の筋肉が引っかかって痛みを訴えることがあります。 今回はそのような方に向けてストレッチの方法を紹介しています。
股関節

【股関節の痛み】【変形性股関節症】【動くと股関節が痛い】【股関節のずれ】などの原因を解説

歩くときや、開脚をするとき、足を内に動かした時などに股関節が痛くなる。女性に多い股関節の痛みなど股関節の骨がずれたり、筋肉が硬くなると起こりやすいです。 股関節がずれてしまうとなかなか位置が戻ってくれなくなります。 進行すると骨が変形してしまうため、余計治りの悪い場所になります。 炎症があると治療も時間がかかってしまう場合があります。 痛みをとるためには、ずれを戻して筋肉の柔軟性をつけることが重要になります。
野球

野球をしていてボールの投げすぎやオーバーワークによる【肩の痛み】【野球肩】【リトルリーガーズショルダー】【上腕骨近位骨端線離開】の予防、改善ストレッチ

投球をするときに、肩を痛めないためのストレッチをご紹介します。 肩が痛くなりやすい人は、わきの下にある筋肉が投球動作のときにうまく使えていないことがあります。 この筋肉が硬いと、後ろに腕をねじる動きがしづらくなるので、無理やり腕をねじって投げてしまいます。 日常生活で使う動きとは違い、投球という特別な動きの中で筋肉が働かなければならないので、投球動作を取り入れた筋肉への刺激が効果的です。